fc2ブログ

展示台作ってます

展示台を作っています。

Sさんから譲り受けた金属の展示台を
木台裏の支柱に使う計画
(金属の台は通常は単体で使い、
大きい展示の時には内側で活躍。)

DSC_1738 (002)

DSC_1739 (002)

窯冷まし中の熱い窯の前で、大きい板を組合せてます。
暑い!!
狭い!!
→釘が打てない!!!


来週(火)移動なので、一分一秒を惜しんで
こんな事してますが、なかなかうまくいかない。
う~~~ん 。。

2024.04.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

3月が終わる前に!

展示まで2週間とちょっと です。
(リスト出しまで1週間!)

なのに・・昨日まで制作していて、
3回目の素焼き 及び本焼きあと2窯 がまだこれから

今回・大きな会場を埋める作品群を作りながら、
色々な緩い注文(こんな感じのものをお任せで・・が多い)
を入れ込んでいるのだけれど、、
やってもやっても どっちもまだ足りない気がして、
オブジェも器も ずるずると続いてしまう。
制作が終わらないと焼けないのに、終われない(T_T)
(昨日で終わってます

DMも同時にやっていますが、
毎度の事ながら少々お待ち下さい


なんだかいつも言い訳している?
気のせいだといいんだけど。
慣れって怖い!

注釈:「」 は言い訳部分です

2024.03.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 悟りの時間

「春を紡ぐ」

DMができました!

今回はギャラリーで作って頂き、文章も入れて下さってます。
(展示会毎に デザイン・文章・等々のやり方は色々違いますが、
写真はほぼ自分で撮っています。)

昨春の 柴田悦子画廊(銀座)の「時を紡ぐ」から、
今春の 京王プラザHロビーギャラリー のを紡ぐ」へ。

DSC_1730 (002)

会場のDSPもそんなイメージで構成中です。
後3週間ほど・・・今週からは窯たきです。

4月半ばと桜には遅いけれど、 には間に合っている?!

2024.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | お知らせ

春を観察する

春を観察🔍👁

DSC_1721 (002)
日光 を欲しがっていそうな子を 朝 窓際に出す。
うちはまだまだ寒いので、発砲箱で過保護にしています。

DSC_1718 (002)
紅彩閣 (先が赤くてかわいい)

DSC_1719 (002)
レディボウリアホワイトリバーの希少品種(花が咲いた!)

DSC_1715 (002)
この冬は雪が降るけれど、溶けるのも早い。

制作が後一週間ちょっとしかなくて、
かなりあわあわしています。DMが来たら又UPしますね。


2024.03.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

背中を壊さない工夫

3月 になってしまいました。 

4月展示用の 大物 が乾燥に入り
器の窯たきに入る所です。


大物を作る度に背中を痛めていたのを
何とかしなくては! と昨年頭から 体力づくり をはじめ
ほぼ・・頭痛薬や整体にお世話にならずに何とかやれています。

又、重いモノを「扱う日を分散」したり、(土練り、制作、荷詰め 等)
一度に扱う「荷重を分散」したり、(6キロ→3キロx2 等)
作品の「作り方を変え」てみたり あれこれ。


どうしても出かけなくてはな予定以外、
ほぼこもっています。
が、どうしてもな用が多い多い!!!



2024.03.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

景色が広く見える気がする我が家

真冬 に舞い戻った仙台。


長靴をはいて・・・
買った灯油を車から降ろしアトリエへ運んだり、
明日は(外に保管してある)タイヤ8本 車に積まなくては
又、裏の倉庫に作品や展示台を取りに行ったり、・・な冬の日常。


DSC_1687 (002)
 台所からの景色


玄関から2~3歩でるとそこからは外なので、
冬場の諸々運搬作業は 雪の中でです。
住んでいるのが雪の多めな地域なので、ご近所9割?は車庫ありで、
車庫を「欲しいな欲しいな」・・と思い続けて18年!?
雪が減ってきた最近は 「いらないかな 」になっている。

作品を乾燥させるには屋根なしがいい?
景色が大きく見えるのは屋根なし? 

2024.02.23 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

多用な2月

さて、制作の方は 2月の窯たき間近 です。
皿・皿・皿・・と6種40枚~の皿を乾燥中、
そのうち何種かは注文品も含むので、展示会用と合わせ
少し多めに作っています。

DSC_1678 (002)


話変わって、この半年ほど 遠方からのお客さん が多い!
会える人会えない人いますが。

我が家は仙台駅からはまあまあ遠く、
私が東京に行く時は(我が家→仙台駅→新宿駅→実家)で半日ががり。
一方 お客様が自力で我が家に来るには、
(仙台からまず地下鉄で北の終点まで移動し一日2~3本のバスに乗り
再び終点まで)で、実用的ではないので 迎えに行くか会いに出向く。

この度、遠くブラジルからのお客様(友達)がちょっと立ち寄る事に。
母国語のみOK(日本語、英語共にだめ)なので、代わりにあれこれ調べて
いるけれど、
東京→仙台→我が家→仙台→新函館→札幌 を一日で移動するらしい。
 w(゚□゚)w

2024.02.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

蓄える2月

ここの所・・・、
日常の雑事が慌ただし過ぎて、
又、先々の展示会準備
(今は4月京王プラザと6月金沢)と、
春近しの周りの子達の観察
(白鳥、我が家の鳥さん達、我が家の植物達)で
・・・一日があっという間です。


 DSC_1676 (002)
百舌鳥(モズ)が3羽隠れています。
どこかな~。後一羽いるが、画面の外。
この子達は常連です・・・多分。

そして 白鳥はやはり飛び立ってしまったようです。

しかし モズにしても白鳥にしても!
冬場の鳥さん達はころころが過ぎる!!
ネットで見る絵とは全く違う鳥のようなのでした。
 ~(゚Θ゚)~え?

2024.02.16 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

北帰行近し?!

我が家近くの 白鳥の群れ

         
         
          
         

ニュースでは・・今年は北帰行がひと月位早いのでは?・・らしく、
暖かくなる予報のここ一週間中に帰るのではないかと
少し寂しい気持ちで飛ぶ群れに手を振る日々。

SYMMETRY_0001_BURST20240208111708202_COVER (002)

半ば別れを意識して手を振ったのに、
くるっと周回してすぐ戻って来たりもするので、
(ちょっと飛んでみただけ)毎日その繰り返しになる。

ずっと下を向いてひたすら食べていたのが、
首を上げて周りを見渡したりしているようにも見えるから、
やはりもうすぐかなと勝手に想像。

2024.02.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

切り替え成功

個展が終わって、次の展示会の打合せをしてきました!
鳴子で
ちゃんとまじめに、実にまじめに、打合せしましたよ。
ほんとです。

DSC_1653~2 (002)

DSC_1655~3 (002)

雪の中を分け入って行ったり、風光明媚な所を見たりするのも
仕事です。

(打合せもうまくいき)いい切り替えができました!





2024.02.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

仙台個展終了しました。

仙台個展 無事終了しました。
はじまりましたも言えずに、つっぱしっていました。すみません。

DSC_1623 (002)
大雪の日に搬入

DSC_1625 (002)
アトリエから見る雪景色

DSC_1637 (002) DSC_1639 (002)
我が家の南天をあちこちに飾りました

HORIZON_0001_BURST20240126114759355_COVER (002)
ガラスと陶のコラボ作品

今回は、ガラスオブジェの新しい試みにもチャレンジしました。
「陶」が焼けてから「ガラス」を仕込む為、
初日の朝にまだガラス削りをしているぎりぎり具合でしたが、
何とかセーフ!!?

器も新作バタフライ皿、スープ鉢、マグ等も加わり
マグ類や皿も割と品数出せたかな。
寒い中お越し頂いた方々に、申し訳ない気持ちと感謝の気持ち
で一杯です。

頂いた沢山の言葉を携えて、次へ望む所存です。
次は4月、京王プラザH ロビーギャラリー。
気持ちスイッチしなくては!!


2024.01.30 | Comments(0) | Trackback(0) | お知らせ

方言

陶芸部門の窯たきが終わり
ガラスを焼いているこの頃・・・
今日は町内会の仕事。

まめ吉さん がいなくなってから
ご近所さんと話をする機会が減ってしまって・・・
久しぶりに濃い方言を浴びる事に。

〇〇代(自分世代)の話は100パー理解できるが、
80代 の早口は 必死に聞き取る英語の様で、
(一か所分からないとその後露頭に迷う)
90代に至っては 90パー理解不能。
(散歩中に会う94歳のおじいちゃんの話は、
主題も理解できないまま相槌をうつ)

今回の議題が昔のやり方を今後どうするか?
その昔の事情を知っている人は80代とかになる為、
会の歴史話についていこうと必死だけど わからない~~

諦めて 窓の外の鳥達の様子を観察する私でした。
越して18年になるけれど、
まだまだです

2024.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 悟りの時間

«  | HOME |  »

千田玲子ホームページ

プロフィール

sendareiko

Author:sendareiko
  ようこそ !
陶芸家 千田玲子
 のブログです
  

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索