戸惑う春

春に不慣れ で困っています。

正確には・・・、
春に制作をする事
春を身近に感じられる事
春ならではの御用
に戸惑っています。

例年だと、大概今の時期展示会なのですね。

春の植え替えや、豆の毛むしりや、近場お出かけ等
「春に時間があったらやりたかった」 事が満載ですが、
「春は仙台にいないからできなかった」 のですね。

どうしましょう。言い訳がない。仙台にいるし。

制作がとめどなくあるけれど、
春が私を監視しています。「ほら・・・春だよ!」と。 

明日から4月、いつまでが春?

2015.03.31 | Comments(0) | Trackback(0) | 悟りの時間

地面が好き


空を見上げたら、青い空にピンクの飛行機雲が!
「わ~~きれい」 と見とれていたら、、
ふたつ目製造中でした。

飛行機雲1


飛行機雲2
 見えますか? 右下の飛行機

飛行機は下から見るのが好きですね。

水面は良いのだけれど・・・水中もちょっと苦手。

一番好きなのは地面です。
何だか安心する。

2015.03.28 | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

春の嵐に立ち向かう


今日は
あまりの強風に・・・それも雪まじりの強風に・・・
心も体もくじけそうでした。

たびたび・・・
風に対して後ろを向いて しのぎ、
たびたび・・・
歩けなくなり座り込みつつも、
なんとか一周をこなす。

  

そして、
仕事の方も何だか春の嵐が吹き荒れています。

ダブルの予定がトリプルに?!
ブッキングはしていないけれど、こなせるのか?

時に(うしろを向いて)聞かなかった事にし、
時に(しゃがみこんで)風をよけながら、
少しづつ進んでいくのみですね。

とか散歩をしながら悟っておりました。
さて、やるぞ!!

2015.03.24 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

「ことば」 を使うという事

打合せをする時に、
適当な 「もの(写真や現物等)」 がない場合は
こんなこんな・・・と 「ことば」 を駆使します。

これが なかなか伝わらない。

自分の中にある 「ことば」 を組み立てるのだけれど、
それぞれの職業や立場があって 発する 「ことば」 は、
その人の基礎知識 趣旨に加え固定概念もあって成り立っています。

だから なかなか伝わらない。

こういう意味?こうしたいっていう事?こうならできるっていう事? と問い返し、
具体的にはこんな感じ?と絵や作品で提示し、

それでも なかなか伝わらない。

やりとりを往復するうちに アウトラインが見えてきて、
ある時点でさくっと腑に落ちる。

(打合せにおける) コミュニケーション能力は、
それぞれの情報をどれだけ的確にだせるかにかかってますね。

いつも 擬音語 擬態語 身振り手振り に頼っている私は
その辺り とっても苦労しています。



話の途中 「・・・?」 がはさまる事で、全く通じていないんだなと
知ることになります。 ちなみにこれは日本語のお話です。



注: この春のふたり展の打合せは 会合を重ねているお相手でつーかーです。

2015.03.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

むずむずじわじわとした春


花粉症 の季節ですね。 仙台はこれからが本番?
皆さんは大丈夫ですか?

私は薬漬けの○十年間を過ごした後、
ある時を境にスパーンと治ってしまったので、
今年も大丈夫の予定です・・・多分。
のどがややかゆい気もするけれど・・・。


     
      「ハナとイヌ」 注: 写真と本文は関係ありません


さて!
5~6月の展示会の準備も季節の移り変わりと共に
じわじわと動いてきています。
カマクラと盛岡、
打合せつつ・・・エネルギーを交換。


むずむず としたエネルギーが じわじわ と昇華していってます。


2015.03.19 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

信用すべきかせざるべきか


帰って参りました。

往き は首都高トンネルでカーナビが無反応になり、(トンネルも苦手?)
大事なここ一番で何だか信用ならない・・・ような気がして、

帰り・・・高速に乗るときに自分の記憶の方を採用した結果、
又また新潟方面へ乗ってしまいました。 (ひとつめの所沢で降りる) 
一年に何度も東京往復しているのに、
どうして憶えられないんだろう。

何だかどっぷりと疲れが出て、
途中豚キムチ丼を食べて、2度仮眠して、の~んびり帰ってきました。



    豚キムチ丼



2015.03.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 悟りの時間

最終避難場所

   
3月11日ですね。
震災から4年です。
改めて亡くなった方々や生活ががらっと変わってしまった方々に想いを
はせると共に、感じる事。 復興はまだまだだなあという実感です。
我が家裏の工事もまだはじまらず、現在尚 赤紙の宅地に住んでおります。

復興に順番をつけるのは難しいけれど、
必要なところから ひとつひとつ復興してゆく事を願ってやみません。
そして、我が家にも 「いつか」 順番が来て欲しい・・・な。



そして、我が家のまめ吉君は・・・
すっかり情けないワン公になってしまっています。

震災後はどんなにゆれてもハウスから庭へ自主避難をするほど逞しかったのに、
今は・・・・↓


  

大砲の音?や猪を追っ払う銃の音に非常に敏感で、
お散歩中その音がするや否や
現地点から直線距離で我が家に戻ろうとぐいぐい引っ張ります。

最後の直線は猛烈ダッシュ!
家に着いたときには涙目になってます。

最終非難場所 に彼が指定しているのは・・・
私の作業机の下。 



さて、 明日から再び東京です。車で納品に行ってまいります。

2015.03.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

止まらぬ巨大化への道

さて・・・、

巨大花器 のためのガラスパーツが焼き上がり・・・
(デザイン/型制作/ガラス選び後→焼成をガラス作家さんに委託)
・・・なかなか渋く上がっていて嬉しくなりました。

でもガラスはガラスで奥が深いなあと 感心・・・。
やはりもちはもちやですね。

ガラスコラボ花器2
  3ミリのガラスにテクスチュアをつけたもの


巨大花器の表面テクスチュアも同じ柄 ガラスコラボ花器1

今週 東京へ納品に行き完成するので、その画像は又後日。



巨大鞘鉢 そして、大物はまだまだ続いていまして


という訳ではなく、手前の二つはこれまた 巨大な鞘鉢 でした。
(鞘鉢: 窯の中に入れる土の箱・・・即ち焼成の為の道具です)
いつもくちゃくちゃなラインの作品ばかりですが、
ちゃんとまっすぐな手びねりもできるんですよ!

ふふふ・・・そしてこれに入れるべく
巨大なオブジェ をまだまだ作る気なのですね。


そして、昨日で天心さんでの個展も無事終了致しました。
おいで下さった皆様に心よりお礼申し上げます。



2015.03.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

春の模様替えはいかが


兵庫から戻って一週間位・・・
どこかでもらった風邪が治らず、ずっとぐずぐずしています。

強風で花粉も飛んでいるのか?!

加え、アトリエでは猛烈な 模様替え が始まっていて・・・!
鼻がくしゅくしゅいってつらいのに、
なぜか 模様替え の勢いは止まらず 

リフレッシュした空間で、
新しい作品を生み出さんと!!




今日出がけに あいまま宅の柴公たちと出くわす。
大きなマスクにサングラスのいでたちのかなり怪しい私にも
匂いチエックはされたものの 全く変わらず愛想よくしてくれた。



ありがとうね、優しい子(シバイヌ)達 



2015.03.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 癒しの時間

スイッチスイッチ


さて、3月になり・・・。

ひとつ展示会がはじまると、
ほっとして次の展示会
今 5月カマクラ と 6月盛岡 の準備に入っています。



       巨大花器カマダシ 巨大花器の窯だし


又、ひとつ大物が焼き終わると、
ほっとして次の大物構想が動き出します。


と・・・大物空想膨らませながら手帳を見てみたら!!
が~~ん。 意外に時間がないのですね。
それは・・・
たまたま カマクラと盛岡の会期が寄ってしまったことが理由で・・・、
よ~く頭を整理しないと混乱しそうです。

基本一個の事しかできないタイプ、
カマクラを妄想していると、横から盛岡が視界にちらちら入ってくる。
盛岡の空間を空想していると、 「こっちが先よ」とカマクラがやってくる。

分身の術を体得したい。

あ~~!!
楽しみな展示会がダブルでやってくる・・・ 
それは苦しくも俄然楽しい事なのでありました。







2015.03.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

緑のおけいこ


天心さんでの会期半ばではありますが、
体は次に向けて移行していってます。


天心さんは、華道家 川瀬敏郎氏の流れを汲む 投げ入れのお花。
折りよく昨日教育テレビで対談をやっていましたね 。

  

そして、3月納品の特注花器は 投げ入れという点では同じだけれども
3メートルの桜とか かなり大物をば~んと活ける 華道家 杉原真知子氏

常設でお世話になっている 武蔵小山のトランシップさんは、
苔や多肉や山野草 の鉢物、庭や室内装飾、アレンジメント 何でも手がける
安元祥子氏

その道のプロの仕事とこだわりには 大変学ぶ事多く、
あくまで陶芸を本業としつつも 自分でも少しは関わることで、 見えてくる世界が
拡がるように思います。

勉強させて頂きます。

2015.03.01 | Comments(2) | Trackback(0) | 陶芸の時間

«  | HOME |  »

FC2Ad

千田玲子ホームページ

プロフィール

sendareiko

Author:sendareiko
  ようこそ !
陶芸家 千田玲子
 のブログです
  

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索