見えない部分に光を当てる


文明に頼るなかれ・・・と言いつつ、
またもやかゆいところに手が届く最先端のものを買ってしまいました。

じゃ~~ん! センサーライト電池式 

どこからでも照らせる自由度・・ センサーライト が、魅力です

脚を曲げて おさるさんのように吊るしたり、
写真左下↓のように、適当な台に着地させたり。
私は、センサー使用でなく常灯で使いますが、
コンセントのない廊下や、玄関軒下にも設置できるのですね。


   センサーライト2          センサーライト3 
作品体勢を変えなくても土のしわ陰が見れる  くり貫き状況を(触覚に加え)視認もできる


ライトは上から・・・という不便さを解消する為に
クリップライトの角度を工夫したり、
山登り用ヘッドライト を使用しておりましたが、
これからはこのライトでさくさく進む?! 予定。 

2015.01.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 陶芸の時間

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

千田玲子ホームページ

プロフィール

sendareiko

Author:sendareiko
  ようこそ !
陶芸家 千田玲子
 のブログです
  

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索