「ことば」 を使うという事

打合せをする時に、
適当な 「もの(写真や現物等)」 がない場合は
こんなこんな・・・と 「ことば」 を駆使します。

これが なかなか伝わらない。

自分の中にある 「ことば」 を組み立てるのだけれど、
それぞれの職業や立場があって 発する 「ことば」 は、
その人の基礎知識 趣旨に加え固定概念もあって成り立っています。

だから なかなか伝わらない。

こういう意味?こうしたいっていう事?こうならできるっていう事? と問い返し、
具体的にはこんな感じ?と絵や作品で提示し、

それでも なかなか伝わらない。

やりとりを往復するうちに アウトラインが見えてきて、
ある時点でさくっと腑に落ちる。

(打合せにおける) コミュニケーション能力は、
それぞれの情報をどれだけ的確にだせるかにかかってますね。

いつも 擬音語 擬態語 身振り手振り に頼っている私は
その辺り とっても苦労しています。



話の途中 「・・・?」 がはさまる事で、全く通じていないんだなと
知ることになります。 ちなみにこれは日本語のお話です。



注: この春のふたり展の打合せは 会合を重ねているお相手でつーかーです。

2015.03.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

千田玲子ホームページ

プロフィール

sendareiko

Author:sendareiko
  ようこそ !
陶芸家 千田玲子
 のブログです
  

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索