FC2ブログ

研究者とおたくの間に

陶芸本

そもそもプリミティブアートに無限のロマンを感じ、
アフリカにも(それとは関係なく)3回も訪問し、
アーリーアメリカン(インディアン)の地も放浪し、
もう陶芸を始めるよりずっと前からそっち系 

大学時代は国会図書館のアジアアフリカ科の常連で、
卒論は専攻を無視した アフリカ部族研究、(16部族)
アートに関しては それらしき書物は外書であろうとためらわず買う。
なければ全部コピーです 
その対訳がかなり趣味のようになっていて、
なぜかそっち系だけは英語でも講義できます 

薪窯こそないものの ドラム缶窯やらいっと缶窯やらも作り、
陶芸教室だけでなく 小学校でも講義実習もしていました。
自然な流れで今は炭化に夢中です。

詳しいはなしは 又いずれ・・・。



2011.01.16 | Comments(2) | Trackback(0) | 陶芸の時間

コメント

千田さんの原点

このお話で、千田さんの作品の原点で見えてきました。

アメリカネイティブのお話是非、聞きたいです。

2011-01-16 日 23:09:34 | URL | 松木マリ #- [ 編集]

マリさま

アメリカに関してはトーテムポールにハマってまして、トーテムポール作家になるのが夢でしたね~。その後なれないって気づきましたが。

アフリカはかなり詳しい方です。一部に関してですが。

2011-01-17 月 11:07:09 | URL | 千 #mQop/nM. [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

千田玲子ホームページ

プロフィール

sendareiko

Author:sendareiko
  ようこそ !
陶芸家 千田玲子
 のブログです
  

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索